人気ブログランキング |
〜新着〜 C6 2.2HDI ディーゼル 6MT
c0105691_10353169.jpeg
状態の良いC6 2.2HDI 入庫致しました!
c0105691_10354634.jpeg
レザーシートのラグジュアリーなスタンダードインポートモデルと違い、柔らかなモケットシートに左ハンドルマニュアルトランスミッションの組み合わせ
c0105691_10360858.jpeg
レザーシートは使用感が出てしまう面もありますが、モケットシートは状態も良いですが、使用感を感じにくい点も好感が持てます。
c0105691_10363342.jpeg
走行距離も5万キロ代とまだまだ程走行の部類に入ってくる距離数です。
c0105691_10364950.jpeg
オーディオは後期モデルのレイアウトで、本国仕様のエアコン吹き出し口2個付きです。
c0105691_10370299.jpeg
ナビ画面はインスツルメントパネルです。
c0105691_10371800.jpeg

なかなか高額であったり、良い物が見つかりにくいこのモデルです!この機会にいかがでしょうか。

C6 2.2HDI
初年度登録: 2012年
カラー: グリフェール
ミッション:6速マニュアル
走行距離: 53000km
車検: 平成33年2月28日
価格: ご成約ありがとうございます。




# by autoneeds | 2019-09-10 10:34 | 新入庫 | Comments(0)
〜新着在庫〜 Ami6 ベルリン 1968y
Ami6 ベルリンのご紹介です。
南フランスより68年の良い個体が見つかりましたので、早速走って引き取りに行ってもらいました。
c0105691_17074300.jpeg
1968年の後期モデルですが、過渡期で外装、内装は前期モデルの人気テイストでありながら、エンジンは12Vのパワフルな後期モデルになります。
c0105691_17075860.jpeg
色も非常に良いカラーで、いかにも南フランスらしい色です。この個体が走っていた背景も感じていただけると面白いかと思います。
c0105691_17081686.jpeg
インテリアは張替え済み、ダッシュボードや、ボディの手直しが必要な箇所は今回はオランダで行う事としました。
c0105691_17083175.jpeg
Ami6はなかなか状態が良いものが少なくなってきていますので、お気になられた方はこの機会に如何でしょうか。

Ami6 ベルリン
年式: 1968
走行距離: 76000km
車両価格: お問合せください

Ami6 ベルリンのお問合せお待ちしております。

# by autoneeds | 2019-09-03 17:06 | 新入庫 | Comments(0)
〜新着〜 Ami8ブレーク
c0105691_19175772.jpeg
オランダから新しく紹介された
とても綺麗なAmi8ブレークのご紹介です。
1970年式のオリジナルカラーです。
黄色に見えるこの絶妙なカラーはジョーンカラブレ

Jaune Calabre AC301

c0105691_19222394.jpeg

とても素性のいいAmi8ブレークです。

なかなか良いものが少なく、ご紹介が出来る個体が少なくなってきたAmiですが、良いものが出るとワクワクします。

c0105691_19235802.jpeg

Ami8は2CVよりも高い剛性感としなやかな足廻りから乗った瞬間に「あぁ〜」っとつい言ってしまう乗り心地です。

ブレークですので、ご家族で休日にキャンプに行ったり、ランチを詰め込みドライブに出掛けるのも素敵です。

はたまた、広い荷室ですので、ご商売で使用したりするのもお店の看板的存在になるかも知れません。維持費も経済的ですので、良い相棒になると思います!


Ami8 ブレーク

年式:1970年

色:ジョーンカラブレ

トランスミッション:4MT

排気量:600cc

価格:しょうだんちゅう

 

価格、詳細につきましてはお気軽にお問合せ下さいませ






# by autoneeds | 2019-08-29 19:17 | 新入庫 | Comments(0)
DSのレストアというものについて

DSのレストレーションは錆との闘いでもあります。

c0105691_11282246.jpeg

DSの多くは錆びが進行して朽ち果てようとしている個体もあります。

c0105691_11284692.jpeg

DSの製作をお受けして最初にして最も重要な事は良質な個体を見つける事です。

c0105691_11290038.jpeg

そして腕の良い職人を持っているかもとても重要です。

c0105691_11291737.jpeg

レストアは良い板金職人、良い塗装職人、良い内装職人、そして良いメカニックが必要です。この他にも、メッキ屋、ブラスト屋、電装屋などなど多くの職人の手によってレストアは完成されます。全部を自分だけで行う事は不可能であり、クオリティを落とす要因です。

c0105691_11294333.jpeg

どのクラシックカーのレストアにも共通します。特にDSという複雑な車両のレストアを高次元で実現させる事が出来れば、他の車へ転用する事は十分可能です。板金を担ってくれている職人はクラシックロールスやマセラティのレストアの依頼も受けています。

c0105691_11295980.jpeg

今からクラシックカーを手にしよう、愛車のレストアを考えているという方にとってこの光景は夢の様な光景であり、信頼していただける証明になるんじゃないかと思います!

c0105691_11301433.jpeg

先日の記事に書かして頂いたAmi6のレストアもそうですが、素晴らしい職人によって完成に向かっています。日本とヨーロッパを繋ぐ橋渡し役として、小さな小さな会社ですが、日本のクラシックカーをより楽しく、より満足の高いものに出来るように頑張って行ければと思います!

c0105691_11312077.jpeg


他社様で購入された車両の整備、レストアの依頼もお受けしております。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。


# by autoneeds | 2019-08-29 11:27 | シトロエンDSレストア | Comments(4)
Ami6 海外レストレーション
現地にてレストアを行なっているAmi6の状況です。
オランダで行なっているレストアですが、かなり重度の錆などによる損傷があり、暗礁に乗り上げそうでしたが
現地のスペシャリストの手のよって乗り越えることができました。
c0105691_11232032.jpeg
現実的な価格の範囲で作業を行なっていくのは奉仕になってしまう部分も多分にあります。全ての作業に時間工賃を割り当てて行ったら。。。なので、常にレストアは人間関係が大切になってきます。レストアを行なっている人たちはお金よりも優先する物があると思っています。ビジネスライクに行くよりも良い物をより多く世に残していこうの精神でいきましょう!!
c0105691_11255396.jpeg
以前はとても酷いレストアが行われていました。
サイドシルは錆の上からリペッドで留められ、穴の空いた部分はシール剤で盛りに盛られていました。
c0105691_11270605.jpeg
リアフェンダー内は特に錆がひどく、バンプラバー付近は全て作り変えております。
c0105691_11284698.jpeg
この部分も修復しております。
日本では鉄板の造作をして板金する板金工は少なくなってきました。オランダでも良い板金工は少ないです。

レストアは費用に応じての部分がありますので、全てがフルレストレーションの様になる訳ではありません。
もちろん費用を抑えて修理し、その車を乗る事を楽しむというのも素晴らしい事です。しかし、それを受け継いだ人の想いが違うと、残念ながらトラブルを招く事もあります。ここは難しいポイントです。
そこで大切になってくるのはどの様なレストアが施されたか把握できる事だと思います。
当社もそれを心がける様にしております。



# by autoneeds | 2019-08-25 11:19 | シトロエンAMI レストア | Comments(0)
委託販売車両のご紹介〜マセラティクアトロポルテ エボルツオーネ〜

当社のお客様の所蔵のクアトロポルテをご紹介致します。

c0105691_23202520.jpeg

1994年に登場した4代目となるクアトロポルテ

ギブリ同様にビトゥルボのシャシーを流用しているので、全長がクアトロポルテ史上最も短い設計でしたので、ドライバーフィールのとても良いラグジュアリーサルーンでした。

c0105691_23203820.jpeg


エンジンはV6ツインターボと96年以降はシャマルと同じV8ツインターボが設定されました。

c0105691_23211292.jpeg

98年以降はフェラーリ参加となり、クアトロポルテエボルツオーネへと進化し、パワーも信頼性も向上しております。

c0105691_23315242.jpeg
当車両は1999年製クアトロポルテエボルツオーネV6ツインターボ 

ミッションはATです。

走行距離は54000kmとまだまだ低走行かと思います。なんと、ファーストオーナーはトヨタ自動車だそうです。レクサスブランド構築に際して、ラグジュアリーブランドについて研究する為に購入されたそうです。

c0105691_23213676.jpeg

整備の方も充実されてきており、タイベルはもちろんのこと、ターボ関係にもメスが入っております。

マフラーは愛知県のショップさん

c0105691_23223366.jpeg

でワンオフで作製されております。

c0105691_23220690.jpeg

また、オーナー様の趣味はオーディオであり、このクアトロポルテもかなり専門ショップにてアップデートされております。3桁万円と聞くから驚きです!

c0105691_23230824.jpeg
c0105691_23232040.jpeg

ただ、流石の音質です。驚きました。

c0105691_23224698.jpeg

内外装はとても綺麗で、シャッター付きのガレージで保管されていますので、劣化も最小限に抑えられております。

c0105691_23233852.jpeg

シルバーボディにバーガンディのレザーインテリアはとても上品でマセラティにとても似合ってます。

c0105691_23235127.jpeg

c0105691_23240353.jpeg


車検もH32/11までありますし、整備も行われておりますので直ぐにお乗り頂けます。

c0105691_23241949.jpeg


希望価格:300万円

c0105691_23243319.jpeg

整備内容やオプションからしたらお値打ちではないでしょうか!

お問合せお待ちしております。


# by autoneeds | 2019-08-22 23:18 | 新入庫 | Comments(0)
テストドライブと京都の美味しいお店

会社を閉めて、XMのテストドライブを行っております。

長距離を走り、エンジンを一旦切り、しばらく置いてまた始動といった具合のテストは問題点を探っていくときには重要なテストです。

テストドライブは色々なシチュエーションを想定して行います。

c0105691_18321195.jpeg

当社が位置する京都は美味しいお店が多いので、今回から“京都グルメ”と題してご紹介していこうと思います。

京都観光、グルメをアウトニーズご来店のプランに組み込んでいただけるような良いお店をご紹介致します!


初回はフレンチビストロの”LE BOUCHON 

c0105691_20061415.jpeg

ブションさんはあーこんな感じのお店フランスにあるわー!って感じになる本場のフランス感を味わえるビストロです。

料理もアントレとメインを選ぶフレンチスタイル。

c0105691_20064221.jpeg

今回選んだニース風サラダやウズラのローストや、ハラミのステーキエシャロットソースなど、本場ビストロ料理!ワインを飲みながら食べる気軽なフレンチです。

c0105691_20062711.jpeg

いつも満席に近いので、予約をするか、空席があるか電話をして伺った方がオススメです。

駐車場はすぐ近くにコインパーキングがあります。だいたい300円くらいです。


是非一度足を運んでみてください。

c0105691_20144968.jpeg

ーLe Bouchon ブションー

〒604-0931

京都府京都市中京区二条榎木町71

TEL:075-211-5220


※駐車場は近くのコインパーキングへ

近隣に沢山あります。


# by autoneeds | 2019-08-22 18:25 | 京都グルメ | Comments(0)
お納車に向け仕上げ真っ最中&パナールPL17 for Sale!!
海外である程度行われてきたレストアですが、やはり満足行く仕上がりにするにはかなり手を加え無ければならない部分があり、お時間を頂いておりました。
c0105691_12055502.jpeg
Ami6も80%ほど完成し、これから細部を仕上げていきます。
良い仕上がりです!
c0105691_12075324.jpeg
AZLも納車を待つばかりです。
長らくお待たせいたしました。
c0105691_12103979.jpeg
GSブレークもご来店に向け綺麗にしていきます。
折角なので気持ち良く見て頂けるように準備をしていきます!
c0105691_12113183.jpeg
オランダチームからの情報でベルギーより程度の良いパナールのPL17を仕入れました。
c0105691_12123088.jpeg
1962年製のPL17です。
先日のディナZも直ぐに売約となってしまいましたが、こちらもどうぞよろしくお願いします!
c0105691_12141290.jpeg
ディナZも可愛い顔ですが、PL17も憎めないフェイスです。愛着の湧く一台になると思います。
c0105691_12151667.jpeg

売約済みとなりました。
ありがとうございました。



# by autoneeds | 2019-08-21 12:03 | シトロエンAMI レストア | Comments(0)
シトロエンイベントを歴史と共に振り返る〜ミドルレンジ編〜

1935年、ピエールブーランジェの下でシトロエンは

2人の大人と50kgのジャガイモを載せて60km/hの速度で走っても卵が割れない”

車を作るという目標を掲げた計画がスタートした。

c0105691_13163295.jpeg

高次元の要求をクリアすべく、度重なる試作の末に2年後の37年に試作一号車が完成する。しかし、大戦の影響で一旦計画はストップしてしまい、実質的に販売に至るのは10年以上経った後になってしまった。

c0105691_13174630.jpeg

48年のパリサロンでのデビューを飾った2CVであったが、ブリキ小屋や缶詰などと言われ酷評を受けた。

c0105691_13192161.jpeg

しかし、安価な価格設定と優れた走行性能と乗り心地の良さから、多くの派生モデルを生みながら結果的には40年以上に渡って生産され続ける超ロングセラー車となった。

c0105691_13183436.jpeg

61年には2CVの上級モデルとなるAmi6がデビュー。

c0105691_13203329.jpeg

大型化されたボディと602ccのエンジンから2CVよりも余裕のある車両となっていた。69年にはロベールオプロンが手掛けたAmi8へとバトンタッチをする事となる。

c0105691_13212710.jpeg

2CVは多くの派生モデルを生み、

c0105691_13260638.jpeg

67年には後継モデルとしてディアーヌが登場し、引き続いてビーチクルーザーのメアリーも登場した。

c0105691_13220141.jpeg

DS2CVの大きなレンジギャップを補うべく登場したのが70年に登場するGSである。

c0105691_13231017.jpeg

GSはエンジンの大きさの割に大きなボディを有しており、非力な面が懸念されたが、DS由来のハイドロニューマチックと優れた空力特性もあって、非常に高い走行性能を有していた。この車両で得られた知見は74年に登場するCXへもフィードバックされた。

c0105691_13250913.jpeg

86年まで製造され続けたGSはミドルクラスのBXへとバトンタッチし、

c0105691_13272724.jpeg

エグザンティア、その後のCシリーズと進化を遂げていく。

c0105691_13281822.jpeg







# by autoneeds | 2019-08-04 13:08 | パリ | Comments(0)
シトロエンイベントを歴史と共に振り返る〜戦後フラッグシップ編〜

ピエールブーランジェ率いるシトロエンはトラクシオンアヴァンのヒットで大きく躍進する事となる。

c0105691_00064178.jpeg


トラクシオンアヴァンは当時画期的であったFFを採用した事で有名だが、次に登場するDSの開発が遅れを取っていたこともあり、約23年間というとても長い期間製造され続けた車でもある。

c0105691_23324968.jpeg

最後期になるとDSに用いられる事となるハイドロニューマチックシステムがリアサスペンションに試作として採用されていた。

c0105691_23351449.jpeg

競合がフェンダー一体型のモダンシェイプなモデルをどんどん投入する中トラクシオンアヴァンで遅れをとっていたシトロエンだったが、遂に1955年のパリサロンで待望のDSがデビューする。2年程はトラクシオンとの併売でスタートを切った。

c0105691_23361643.jpeg

ピエールブーランジェのもと開発コード“VGD”で始まったDSだが、

・軽量かつ低重心あること

・モダンで空力特性に優れていること

・重量配分を2:1にすること

・フロントトレッドを広くリアを狭くすること

・画期的なサスペンションを導入すること

という複雑極まりない要求を満たす為に膨大な時間を要し、開発期間がとても長くなってしまった。途中ブーランジェが亡くなり、後継社長のロベールピュイズが引き継いだ。


55年のパリサロンでデビューしたDSはそのフォルムから異次元の車と称され、短時間でとても多くのオーダーを獲得し、1万台を超えるバックオーダーを抱えるほどであった。

 

c0105691_23422371.jpeg

デビュー当初DSはトラクシオン由来のエンジンを使用しており、ロングストロークエンジンは過去いささか古さを隠せないでいた。

1967年後半になるとLHMシステムと共に改良型のシュートストロークエンジンに換装されることとなる。同年に砲弾型ヘッドライトだった前期モデルから4灯式コンビネーションライトへと変更される。このデザイン衣装は当時傘下に入ったパナールからの影響が大きく出ていた。

c0105691_23414223.jpeg

そして1970年にはFF車で200km/h越えを目指し開発されたSMがデビューする。

c0105691_23401499.jpeg

その為にシトロエンはマセラティを傘下に据え、専用設計のV6を開発しSMに搭載させた。

c0105691_23411845.jpeg

だが、オイルショックの影響や、シトロエンの経営悪化に伴いマセラティとの提携を解消し、1975年で生産を終了する。

76年にシトロエンはプジョー傘下となりPSAが誕生する。

c0105691_23392395.jpeg

よって1974年にデビューするDSの後継車であるCXが最後の純潔シトロエンと呼ばれる所以である。

c0105691_23432191.jpeg

CXはマイナーチェンジを繰り返し、1985年にビッグマイナーチェンジが施されシリーズ2として販売されて89年まで生産された。

c0105691_23434907.jpeg

そしてベルトーネデザインでXMがデビューするのである。

c0105691_23442654.jpeg


# by autoneeds | 2019-08-03 08:50 | パリ | Comments(0)



シトロエン専門店「アウトニーズ」のブログです
by autoneeds
アウトニーズ公式ウェブサイト
カテゴリ
全体
思うこと
シトロエンCXレストア
パリ
オランダ
新入庫
シトロエンAMI レストア
シトロエンGSレストア
シトロエンDSレストア
シトロエンXMレストア
シトロエンBXレストア
シトロエンSMレストア
おしらせ
動画
シトロエンXANレストア
シトロエンC6レストア
動画
AN自慢
トラクションレストア
京都グルメ
2CVレストア
シトロエン各種整備
フレンチトーストピクニック
シトロエンイベント
イタリア
オートモービルカウンシル
国内イベント
未分類
アウトニーズ公式ウェブサイト
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
アウトニーズ公式ウェブサイト
お気に入りブログ
アウトニーズ公式ウェブサイト
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by autoneeds at 20:44
希少価値(および市場価格..
by 通りすがりのds好き at 19:00
コメントありがとうござい..
by autoneeds at 13:41
興味深い写真を拝見しまし..
by 通りすがりのds好き at 17:57
M35は正規輸入はされて..
by autoneeds at 10:49
Visaはともかく、M3..
by 正規 at 23:21
二井様 いつも楽しく拝..
by Romantic! at 13:30
ありがとうございます。
by autoneeds at 19:06
二井さんこんにちは。以前..
by こんにちは at 11:32
ありがとうございます!
by 通りすがり at 22:51
アウトニーズ公式ウェブサイト
メモ帳
アウトニーズ公式ウェブサイト
最新のトラックバック
アウトニーズ公式ウェブサイト
ライフログ
アウトニーズ公式ウェブサイト
検索
アウトニーズ公式ウェブサイト
その他のジャンル
アウトニーズ公式ウェブサイト
ファン
アウトニーズ公式ウェブサイト
記事ランキング
アウトニーズ公式ウェブサイト
ブログジャンル
アウトニーズ公式ウェブサイト
画像一覧